*

お彼岸のプレゼントにおはぎ?

公開日: : お彼岸

101934

 

 

秋のお彼岸には「おはぎ」、春のお彼岸には「ぼたもち」
仏様にお供えし、後で自分たちもおすそ分けしていただくと
いうものでした。

 

 

まず「おはぎ」と「ぼたもち」の違いは呼び方が違うこと以外に、
「おはぎ」は粒あんで作り、「ぼたもち」はこしあんで作った
もの
だという違いがあるだけです。

 

 

昔は厳密にはそのようにいわれていましたが、今はどちらも
「おはぎ」というように呼ぶ人も多いのではないでしょうか。

 

 

さて春のお彼岸というとその年の春分の日を中心にした1週間を言い、
秋のお彼岸の場合は9月の秋分の日を中心とした1週間を言います。

 

 

この期間にお墓参りに行くときに「おはぎ」や「ぼたもち」を
お供えするわけですが、どうしてもお墓参りに行けない場合は
お仏壇にお供えします。

 

 

お彼岸に故人のご家族のところに「おはぎ」をプレゼントすることで、
「お仏前に供えてください」という気持が伝わるはずです。
ただ、現在では、おはぎがいっぱいあっても食べきれず保ちも悪いので、
保ちのいい和菓子を贈る人が多いようです。

 

 

 

最近はお仏前にいろいろなお菓子をプレゼントする人も多く、
洋菓子を贈る人もいます。
しかしまだ多くの場合は、「おはぎ」からさほど遠くないタイプの
あんこの入った和菓子系のものが人気があるようです。

 

 

昔から春分の日と秋分の日は故人との思いが通じやすい日
言われているため、このようなお供えをするようになったと
言われています。

 

 

これからもこのように素敵な風習は日本人として守って
いきたいものの1つではないでしょうか。

関連記事

file5504c2c4a6bab

お彼岸の仏壇へのお供え物について

      お彼岸の仏壇へのお供え物を考えるとき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

img61054176
銀婚式のプレゼントに似顔絵はいかが?

    今、銀婚式のプレゼントに似

ech_1
銀婚式に旅行のプレゼント

      銀

500684
12月の誕生石をプレゼントする

      誕

img10183453339
6月の誕生石をプレゼントする

    6月生まれの友達や恋人に誕

511902
5月の誕生石をプレゼントする

    お誕生日には単にアクセサリ

→もっと見る

  • http://www.programasocialinclusite.org/ Esperamos que, independientemente de la capacidad o de la edad a nadie, puede acceder a la web. ¿No es agradable cuando estás navegando por la web desde cualquier ordenador sin necesidad de instalación de software algunas personas con discapacidad. Desarrollo de programas que pueden adaptarse a las necesidades y capacidades de cada usuario se hicieron. Se libera gratis para el cliente. We wish that we can access WEB regardless of age or ability in anyone. If the person with the obstacle comes by netsurf from all computers without the need of the software installation, it is wonderful. The development of the program that could fit ability and the needs of each user was carried out. Freedom is released to a customer. 誰でもが、年齢または能力に関係なく、WEBへアクセスできるたら良いですよね。 障害がある人でも、追加のソフトをインストールせずに、全てのコンピュータからネットサーフィンできたら素敵です。 各々のユーザーの能力やニーズに適応できるようなプログラムの開発が行われてきています。 顧客が自由に使用できるよう開放されているサイトもあります。 Site under costruction
PAGE TOP ↑
ケアプロスト