*

父の日の発祥について考える

公開日: : 父親へのプレゼント


 

 

父の日の発祥はアメリカワシントン州の
ジャン・ブルース・ドット婦人によるものだと
言われています。

 

彼女のお父さんは妻が先立ってから子供6人を1人で
育てたとのこと。
今でいうシングルファーザーということです。

 

そしてドットさんは母の日というものがあることを知って、
父の日があってもいいはずと思い、父の誕生日である
6月の日曜日に父の日をしたいと願い出た
のです。

 

それから毎年6月の第三日曜日に教会では父の日の
お祈りをするようになりました。
これが1909年のことです。
それからアメリカ中にだんだん広まっていき、
1916年には全土で行われるようになったとのこと。

 

正式に祝日として認められたのはそれから55年近くたった
1972年のことです。
それまではアメリカの中では有志が父の日を祝って
いたようです。

 

そして日本には1950年からアメリカの動きの影響を受け、
一般的に行事として考えられるようになったのは
1980年頃からと言われています。

 

また日本ではファーザーズ・デー委員会があり、
父の日の黄色いリボンキャンペーンが行われています。
黄色いリボンは幸せの象徴ということもあって
その年に活躍したお父さんにイエローリボン賞
贈られています。

 

このように父の日は、母の日があるなら父の日もということで
始ったものだったのです。
確かに父も母もみんな大切な人です。
親に感謝をするという動きは世界各国で共通ということも、
なんとなく嬉しい気持ちがしてきます。

 

しかしお父さんのいない人は、やっぱりちょっと淋しい
気持ちになることもあるのではないでしょうか。
最近は離婚も多く、特に父親のいない子供にとっては
あまり意識したくない1日にならなければいいと思う
ばかりです。

 

さて、もしお父さんがいらっしゃる方は、
是非ちょっとしたものでもプレゼントをしてはいかが?
ちょっとのことでも親は子供からのプレゼントは
とても嬉しいものです。

 

日本では子供と親の関係が薄くなっている傾向があるとのこと。
だからこそ淋しく感じているお父さんもたくさんいるのです。
きっと子供からの父の日のプレゼントは涙が出るほど
嬉しいはずですよ。

関連記事

papa

父の日の由来と母の日の由来はつながりがあった!?

    父の日の由来をお話しするときには、やっぱり母の日も一

記事を読む

titi

父の日のプレゼント・海外事情

    父の日というと日本ではお父さんの好きなものを送るとい

記事を読む

014298

子どもの心がこもっていれば、どんなものでも父親へのプレゼントになる

  父親へのプレゼントは どんなものがいいでしょうか。  

記事を読む

titi

父の日の定番プレゼントはやっぱりあれ?

    父の日というと、定番のプレゼントがあります。 やっ

記事を読む

img64182347

父の日に名入れプレゼントがおすすめ

↑時計に名入れしてくれます 父の日のプレゼントに何がいいか迷っている人もいるのでは ないでし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a0930-3a
びっくりさせたいプレゼント!

    プレゼントはほとんど、贈っ

s_gvchianibswgs01
大学生に腕時計のプレゼント

       ↑ ブチアーニ 8000

aroma
一人暮らしの女性へのプレゼントについて

      一

img61054176
銀婚式のプレゼントに似顔絵はいかが?

    今、銀婚式のプレゼントに似

ech_1
銀婚式に旅行のプレゼント

      銀

→もっと見る

  • http://www.programasocialinclusite.org/ Esperamos que, independientemente de la capacidad o de la edad a nadie, puede acceder a la web. ¿No es agradable cuando estás navegando por la web desde cualquier ordenador sin necesidad de instalación de software algunas personas con discapacidad. Desarrollo de programas que pueden adaptarse a las necesidades y capacidades de cada usuario se hicieron. Se libera gratis para el cliente. We wish that we can access WEB regardless of age or ability in anyone. If the person with the obstacle comes by netsurf from all computers without the need of the software installation, it is wonderful. The development of the program that could fit ability and the needs of each user was carried out. Freedom is released to a customer. 誰でもが、年齢または能力に関係なく、WEBへアクセスできるたら良いですよね。 障害がある人でも、追加のソフトをインストールせずに、全てのコンピュータからネットサーフィンできたら素敵です。 各々のユーザーの能力やニーズに適応できるようなプログラムの開発が行われてきています。 顧客が自由に使用できるよう開放されているサイトもあります。 Site under costruction
PAGE TOP ↑
ケアプロスト