*

プレゼント 記念日なんてつくっちゃえ!

公開日: : 未分類

プレゼント画像

 

 

 

プレゼントしたいけど、クリスマスじゃないし、結婚記念日などの特別な記念日じゃない。
でも、プレゼントをあげたいなら、いつでもあげればいいんです。

 

 

今の自分の気持ちをあらわすのがプレゼントですから。
記念日なんて作っちゃえばいい。
人の数だけ記念日はあります。
初めての喧嘩記念日だって立派な記念日じゃないですか。
子供なら、初めて歩いた記念日とか。無限に作れそうです。

 

 

ホワイトデーが3月14日というのだって、諸説ありますが、
1973年にあの不二家がバレンタインデーの一ヶ月後を
ホワイトデーに設定したとの新聞記事があります。

 

 

ちなみになぜホワイトかというと、白には「幸福を呼ぶ」という意味があるからとのこと。
海外にはもちろんホワイトデーなんてありません。
お菓子メーカーが「設定」したわけですから当然です。

 

 

どの日に、何を贈るか?なんていくらでも設定しちゃえばいいんです。
ちなみに始めての喧嘩記念日は、友人夫婦が作った記念日ですが、
毎年この日に、ふたりは、
相手が一番嫌いなもの、気に入らないものをプレゼントし合って、
大笑いしているとのことです。

 

 

関連記事

500684

12月の誕生石をプレゼントする

      誕生石は特に女性にはとても喜ばれ

記事を読む

file54f9043756955

プレゼントの使い回しは、ほんとうにマナー違反でしょうか?

    プレゼントの使い回しはマナー違反と言われますが本当に

記事を読む

064082

プレゼントに値札を付けて送っちゃったなんて!

  プレゼントをするときに値札を付けたまま なんてことありませんか。 お

記事を読む

papa

父の日の由来と母の日の由来はつながりがあった!?

    父の日の由来をお話しするときには、やっぱり母の日も一

記事を読む

45a674620d598c13e112967956c57ae8_s

引っ越し祝いのお返しに迷うときは?

  引っ越し祝いのお返しは何がいい?   引越し祝いの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • http://www.programasocialinclusite.org/ Esperamos que, independientemente de la capacidad o de la edad a nadie, puede acceder a la web. ¿No es agradable cuando estás navegando por la web desde cualquier ordenador sin necesidad de instalación de software algunas personas con discapacidad. Desarrollo de programas que pueden adaptarse a las necesidades y capacidades de cada usuario se hicieron. Se libera gratis para el cliente. We wish that we can access WEB regardless of age or ability in anyone. If the person with the obstacle comes by netsurf from all computers without the need of the software installation, it is wonderful. The development of the program that could fit ability and the needs of each user was carried out. Freedom is released to a customer. 誰でもが、年齢または能力に関係なく、WEBへアクセスできるたら良いですよね。 障害がある人でも、追加のソフトをインストールせずに、全てのコンピュータからネットサーフィンできたら素敵です。 各々のユーザーの能力やニーズに適応できるようなプログラムの開発が行われてきています。 顧客が自由に使用できるよう開放されているサイトもあります。 Site under costruction
PAGE TOP ↑
ケアプロスト